XAMPPで設定したバーチャルホストにWordPressを導入する

前回はXAMPPを導入し、バーチャルホストを設定したところまで書きました。

いまさら感満載ですがこれも記録。やっぱりローカル環境が欲しくなったのでXAMPPを使用してローカル環境を作ってみました。 XAMPPを導入...
今回はその続きです。前回作ったバーチャルホストにWordpressを導入する準備をしていきます。

MySQLの管理者パスワードを設定する

デフォルトではMySQL(データベース)にパスワードがかかっていないので念のためパスワードをかけておきます。
参考にさせていただいたのはこちらです。
https://usortblog.com/about-xampp-5621/

コマンドプロンプトを起動させる

スタートボタン右クリック→コマンドプロンプト(管理者)が手っ取り早いですかね。

パスワードの設定をする

cd c:\xampp\mysql\bin

と入力して移動。
続いて

mysqladmin -u root password

と入力するとパスワードを聞いてくるので

New password: ********
Confirm new password: ********

任意のパスワードを設定しておきます。2行目は確認です。このパスワードを忘れないようにしてください。

config.inc.phpの設定を変える

このままではphpMyAdminを開くとエラーになるので
C:\xampp\phpMyAdmin\config.inc.php
を開いて設定をしていきます。

/* Authentication type and info */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config';
$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = '';

というところを探してpaswordのところに先ほど設定したパスワードを入力。設定ファイルから自動でログインする場合はこのままでも大丈夫ですが、セキュリティ上心配な面もありますので少しだけ変えます。

$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config';

となっているところを

$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie';

とするとウェブフォームで確認に。

$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'http';

とするとベーシック認証になります。お好みで。

ここまででデータベースの管理者のパスワードの設定が終了です。
Wordpressを導入するにあたってはルート権限じゃ強すぎるからユーザー権限を作る方がいいのかもしれませんが、作業者は私だけなので割愛します(すいません…)

WordPressで使用するデータベースの作成

phpMyAdminの開き方

http://localhost/をブラウザで開く、またはXAMPPのコントロールのApacheのAdminをクリックするとXAMPPの管理画面が出てきます。

phpMyAdminをクリック。

またはXAMPPの管理画面のMySQLの項目のAdminをクリックでもphpMyAdminの画面に飛べます。というかむしろそっちの方が早いですね。すみません…。

ここからデータベースを作成します。データベースをクリック。

新しいデータベースを作りますので、作りたいデータベース名を入力して、照合順序はutf8_general_ciを選んで「作成」。

ここまででようやく準備が完了です。

WordPressを導入する

ようやくようやくWordpressの登場です。

WordPressをダウンロードする

サクサク行きましょう。WordPress公式サイトからダウンロード。日本語だから流石に割愛。

バーチャルホストのドキュメントルート下にフォルダを配置

前回の設定で
D:\htdocs\exampleをバーチャルホストのドキュメントルートに
http://localexample/をバーチャルドメインに設定したのでそちらにWordpressの中身をごちゃっと入れます。運用の仕方次第ですがルートの直下じゃなくてもフォルダ作ってももちろん大丈夫ですしお好みで。

WordPressをインストール

http://localexample/を開くと無事Wordpressのインストール画面が出てきました。

進みます。

  • データベース名 : 先ほど作ったデータベースの名前
  • ユーザー名 : 特に設定していなければrootのまま
  • パスワード : こちらも先ほど設定したMySQLの管理パスワード
  • データベースのホスト名 : データベースはlocalhostにあるのでそのまま
  • テーブル接頭辞 : これも特になければそのまま…

送信すると

このように出ましたのでインストール実行。
続いてはサイトの情報の入力。

どうぞお好きに。Wordpressをインストールして成功すればOKです!

無事表示できました~~!

403エラーが出たので対処しました

さてあとはガシガシ作っていくだけ!と思ったのですが、試しにパーマリンク設定を変えてみたところ403のエラーが出て作ったサイトが見れなくなってしまいました。

Access forbidden!
要求されたディレクトリへのアクセス権限がありません。 インデックスドキュメントが存在しないか、 ディレクトリの読み込みが許可されていません。

サーバーの障害と思われる場合は、ウェブ管理者までご連絡ください。

Error 403

ウェブ管理者…( ゚д゚)ハッ 自分デス…

パーマリンク設定をすると.htaccessが生成される

どうやら.htaccessが邪魔をしているっぽく、削除すると再びアクセスできるもののやっぱり.htaccessが生成されると表示されなくなります。

こちらを参考に対処出来ました。ありがとうございます。

WordPressで、設定→パーマリンク設定で設定を変更したら、403エラーで画面が真っ白。こういうのは心臓に悪いですね。今回はCPIのサーバで発生、大丈夫なサーバも有り。 .htaccessに下記の文字列を加えればOK!という内容を掲載し

またこちらはWordpressで生成される.htaccessについて詳しく解説してくださっています。

生成された.htaccessはこちら

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

こちらの# BEGIN WordPressの前に

Options +FollowSymLinks

と追加。
最後の行の後には必ず改行を入れるのを忘れないように。

この1行を足したところ、無事に表示が出来るようになりました!これでようやくWordpressの導入が終わりです!長かったですね~~!

お疲れさまでした!

フォローする